弁護士に相談するなら

未分類

債権回収の為に顧客管理をしていても、やはり未回収の事態に陥る可能性はゼロではありません。あるいは、何年にも渡って取引をしてきた相手になると、親しい関係が仇となり、少しくらい遅れても許されるだろうという緩みが生まれることもあります。どうしても債権回収の対策を実行しなければならない事態に陥った際には、まず弁護士に相談されると良いでしょう。第三者であること、債権回収の専門家であること、また法的手段に出る場合にも頼りになることといったメリットがあり、何より解決に向けての最善の方法を考えてもらうことができますので、事態がややこしく困難になってしまう前に迅速な解決が期待できます。

どれだけ催促しても支払ってもらえない相手先に対して、弁護士を探すのであれば、債権回収の実績や経験の多い、債権回収に強い弁護士を選ぶようにしましょう。インターネットで検索すると弁護士事務所や弁護士紹介サイト等が出てきますので、情報を参考に、無料相談等でいろいろご相談してみましょう。相手が倒産した、自己破産した等と回収不能になって、もっと早く対処しておけば良かったと最悪のケースに陥って後悔する前に、弁護士に頼って円満解決、最善の解決法を探るようにしてみてください。

債権未回収を防ぐ方法

未分類

債権の未回収を防ぐ為には、まず商売をする上で、代金を回収するまでが仕事であるという考え方を持つことが大切です。売買の契約ができれば終わり、ではなく、全ての代金の回収が終わるまでが仕事ですので、気を緩めずに管理をしなければいけません。代金回収が終わって始めて売上げが発生するという基本的概念を持ちましょう。

売買契約をする前に、信用調査を行い、与信枠を設けましょう。与信枠とは、取引する限度額のことで、顧客毎に与信枠の管理をすることで、未然に未回収を防ぐことに繋がります。与信枠については顧客に合意を得て、書面で残しておくことをお勧めします。与信枠は最初だけではなく、定期的に行い、臨機応変に対応できるようにしましょう。また、会計ソフト等を利用して、各顧客の元帳を作成して、支払い代金が期日までに支払われなかった企業情報や回収状況を管理して、すぐ見て分かるように管理体制を整えておくことが大切です。

債権回収のポイントは、取引先の運営状況を把握することが大切です。その為には信用度も定期的にチェックする必要もあり、与信枠の再設定、支払い期日を短くする、貸し倒れ引当金(回収不能に備えて積立てておく金額のこと)を設定する等、予め対策をとることができます。

債権回収の注意点

未分類

債権回収には様々な対処方法がありますが、回収が上手くいかない基本的な問題点とは、取引先相手の情報をきちんと把握していないこと、自社の財務管理体制が整っていない為に、すぐに対応、分かるようになっていないことが挙げられます。どの場合にせよ、回収する為には正しい対応が必要になり、回収の見込みはあるのか、対応は正しいのかという難しい判断が求められます。自身でするにはやはり時間がかかることもあり、経営業務に差し支えますので、専門家である弁護士に相談されると良いでしょう。できれば自分で解消して、費用をかけたくないと思われる方も多いですが、その労力や精神的ストレスを受けることを考えれば、やはり第三者に相談されることがお勧めです。

債権の回収が長期間されない場合は注意が必要です。債権には消滅時効があり、定められた期間を過ぎると債権者の支払い義務が消滅してしまいますので、債権の種類によっても期間が異なります、大切な債権を失わないように、きちんと時効についても管理をしておくようにしましょう。債権回収は、債権者側の日頃からの管理が重要であり、相手に義務があるのだからと待っているだけでは回収できないという認識をしておきましょう。

債権回収方法の相談

未分類

商品売買の仕事をされている経営者の方にとって、債権回収の問題は必ずついて回る悩みになりますが、どのように対処されていますでしょうか。支払いを催促しても、「いつか払う」と言ってかわされ、なかなか払ってもらえない、悪質な場合は支払い請求を無視される、最終的には連絡もとれなくなってしまった、そんな取引先がある場合、債権者側にも死活問題です。商品やサービスの代金が回収できなければ、経営も立ち行かなくなる可能性も出てくる為、債権回収の問題は、確実に解決しなければいけません。

債権とは、ある特定の人に対して支払いやそれに代わる物を請求できる権利であり、その権利を持つ人を債権者、対してその支払い義務がある人を債務者と呼びます。つまり、個人・法人に関係なく、誰もが債権や債務を所有していることになります。言い換えると、誰にとっても債権回収をめぐるトラブルは起きる可能性があり、そうならない為にも、債権回収についての知識を持っておく必要があります。また、ご自身で解決が難しいケースには、債権回収のプロである弁護士に相談することも可能です。泣き寝入りすることにならないよう、早めの対処が債権回収の大切なポイントになるということを覚えておきましょう。

弁護士に相談されるとしても、まずはご自身で債権回収のポイントについて理解しておくことが大前提ですので、ここでは、債権に関する問題点や未然に防ぐ方法等について紹介します。