債権未回収を防ぐ方法

未分類

債権の未回収を防ぐ為には、まず商売をする上で、代金を回収するまでが仕事であるという考え方を持つことが大切です。売買の契約ができれば終わり、ではなく、全ての代金の回収が終わるまでが仕事ですので、気を緩めずに管理をしなければいけません。代金回収が終わって始めて売上げが発生するという基本的概念を持ちましょう。

売買契約をする前に、信用調査を行い、与信枠を設けましょう。与信枠とは、取引する限度額のことで、顧客毎に与信枠の管理をすることで、未然に未回収を防ぐことに繋がります。与信枠については顧客に合意を得て、書面で残しておくことをお勧めします。与信枠は最初だけではなく、定期的に行い、臨機応変に対応できるようにしましょう。また、会計ソフト等を利用して、各顧客の元帳を作成して、支払い代金が期日までに支払われなかった企業情報や回収状況を管理して、すぐ見て分かるように管理体制を整えておくことが大切です。

債権回収のポイントは、取引先の運営状況を把握することが大切です。その為には信用度も定期的にチェックする必要もあり、与信枠の再設定、支払い期日を短くする、貸し倒れ引当金(回収不能に備えて積立てておく金額のこと)を設定する等、予め対策をとることができます。